(GMOクラウド ALTUS アルタス Isolateシリーズ)専用セグメント構築ができる高機能な仮想ルーター

仮想ルーター

ALTUS アルタス Isolateシリーズでは、クラウド上で自由に専用セグメント(VLAN)を
構築できる高機能な仮想ルーターをご用意しております。
ファイアーウォール機能、ロードバランサー機能、リモートアクセスVPN機能など
多彩な機能をご利用いただけます。

転送量で選べる3つのプラン

転送量の無料ご利用範囲が異なる、3種類の仮想ルーターをご用意しております。
お客さまのシステム構成や規模に応じてお選びください。

スケールアップ・ダウン

仮想ルーターは、上位プランまたは下位プランへのプラン変更が可能です。
転送量の変動やシステム規模の拡張に応じて、柔軟に対応いたします。
なお、プランのスケールアップおよびダウン時には、
自動で仮想ルーターの再起動が行われます。

スケールアップ・ダウンのイメージ

専用セグメント(VLAN)

インターネットと接続する仮想ルーター配下は、専用セグメントにて構成されます。 仮想サーバーは、直接インターネットに接続できない場所に配置しますので、不適切なアクセスを防ぐことによりセキュアな環境を構築できます。 また、複数の仮想ルーターを保持することで、用途に合わせて専用ネットワークを構成することが可能です。

専用セグメントのイメージ

仮想ルーターの標準装備

ファイアーウォール機能

ファイアーウォール機能

インターネットと接続する仮想ルーター配下に、複数の専用セグメントを作成することができます。 仮想サーバーは、直接インターネットに接続できない場所に配置しますので、不適切なアクセスを防ぐことによりセキュアな環境を構築できます。

ファイアーウォール
(標準装備)
ポリシー Inbound:All Deny
Outbound:All Accept

ロードバランサー機能

3種類の分散方式に対応しています。分散対象の仮想サーバーに順番にアクセスを振り分ける「ラウンドロビン」、最も少ないセッションの仮想サーバーにアクセスを振り分る「リーストコネクション」、送信元IPアドレス毎に同じ仮想サーバーにアクセスを振り分ける「ソースIPハッシング」です。

アプリケーション層を参照して振り分ける、L7ロードバランサーをご利用いただけます。

ロードバランサー機能
ロードバランサー
(標装装備)
分散方式 ラウンドロビン ※分散対象の仮想サーバーに順番にアクセスを振り分けます。
リーストコネクション(最小接続 ) ※最も少ないセッションの仮想サーバーにアクセスを振り分けます。
ソースIPハッシング(送信元) ※送信元IPアドレス毎に同じ仮想サーバーにアクセスを振り分けます。
ヘルスチェック TCP
L7 プライベートIPアドレスへのバランシング
セッション維持(SourceBased/AppCookie/LbCookie)
リモートアクセスVPN機能

リモートアクセスVPN機能

Windows, Mac, Android, iOSなど、多くのOSにて利用可能なプロトコル、L2TP/IPsecによるリモートアクセス接続を受ける機能です。 自宅や外出先、支店など、インターネット環境があれば、どこからでもセキュアに通信することが可能です。業務の効率化にお役立てください。

※クライアント環境により接続できない場合がございます。

VPN
(標準装備)
リモートアクセスVPN ※1 L2TP
割り当てIPアドレス:
10.90.16.1 -100 (固定)※2

※1 リモートアクセスVPNの設定が出来るのは「送信元 NAT」のIPのみとなります。
※2 ソースIPアドレスが同一(10.90.16.0/24)の場合は接続できません。

仮想ルーターの導入に関するご相談は、お気軽にお問合せください。弊社の技術スタッフが丁寧にわかりやすくご説明いたします。