万一の障害にも速やかに対応。サーバー管理者様の負担を軽減

監視・復旧サービスとは

サーバー管理は、24時間365日休むことなく稼働し続けるサーバーの状況を把握するだけでなく、
万が一の障害にも速やかに対応する必要があるため、非常に負担の重い業務です。
そのようなサーバー管理者様の負担を軽減するため、監視オプションをご用意いたしました。

万が一の障害にも速やかに対応

仮想サーバーの監視および一次復旧対応をいたします

死活監視 Pingにより、監視対象機器までのネットワークの到達性を監視します。
リソース監視 CPU、メモリ、ディスクの利用率の監視を行います。
プロセス監視 5分間隔で、プロセス(サービス)の存在、応答を監視します。
vsftpd/sshd/postfix/qmail/named/httpd/dovecot/mysqld/postgresql
サービス一次復旧 プロセス監視で存在確認、応答が得られない場合、自動でサービス再起動を実施します。
管理パネル WEBブラウザで仮想サーバーの状態を確認できる管理パネルをご提供※

※管理パネルつきをご利用の場合

料金

  単位 初期設定費用 月額利用料金
監視・復旧サービス 仮想サーバー1台につき 14,000円 8,000円
監視・復旧サービス 管理パネルつき 仮想サーバー4台まで 28,000円 28,000円
監視・復旧サービス 管理パネルつき サーバー追加 仮想サーバー1台につき 6,700円 6,700円

※ 記載されている料金はすべて税抜きです。
※ 消費税の計算方法は、各項目ごとに個数および税金を計算した後、合計金額を算出しています。
※ 監視復旧オプションの導入設定には、2~3営業日程度かかります。
※ 監視対象の変更につきましては、平日10:00~18:00のみの対応とさせていただきます。
※ 仮想サーバーならびにIPアドレス変更のお手続きは承っておりません。監視設定を追加で希望される場合は、新たに本サービスをご契約ください。
※ 監視用エージェントのインストール情報とヒアリング項目をお送りした時点をご契約開始日とします。

監視内容

リソース監視は使用率の監視を行います。サービス一次復旧は5分間隔でプロセス(サービス)の監視を行い、存在、応答を確認できなかった場合は、検知アラートをメールでお知らせし、自動でプロセス(サービス)のリスタートを行います。
※通知のみをご指定いただいた場合は、検知アラートの送信のみとなります。

LinuxOS ポーリング
周期[sec]
障害判定基準
警告 障害
死活監視 pingによる疎通確認 (※1) 120   5秒以上応答なし(2回リトライ)
リソース監視
(※2)
CPU CPU使用率(iowait) 300 >= 70% >= 80%
CPU使用率(irq) 300 >= 70% >= 80%
CPU使用率(nice) 300 >= 70% >= 80%
CPU使用率(softirq) 300 >= 70% >= 80%
CPU使用率(system) 300 >= 70% >= 80%
CPU使用率(user) 300 >= 70% >= 80%
メモリ メモリ使用率 300 >= 90% >= 95%
ディスク /(全パーティション)使用率 300 >= 70% >= 80%
プロセス監視
(※3)
プロセス存在監視 vsftpd 300   存在しない
sshd 300   存在しない
postfix 300   存在しない
qmail 300   存在しない
named 300   存在しない
httpd 300   存在しない
dovecot (※4) 300   存在しない
mysqld 300   存在しない
postgresql 300   存在しない
プロセス応答監視 ftp応答(vsftpd) 300   5秒以上応答なし
ssh応答(sshd) 300   5秒以上応答なし
smtp応答(postfix) 300   5秒以上応答なし
smtp応答(qmail) 300   5秒以上応答なし
DNS応答(named) 300   5秒以上応答なし
http応答(httpd) 300   5秒以上応答なし
POP応答(dovecot) (※4) 300   5秒以上応答なし
MySQL応答(mysqld) 300   5秒以上応答なし
PostgreSQL応答(postgresql) 300   5秒以上応答なし

(※1) この監視項目を設定するには、インターネットからのpingに応答するサーバである必要があります。
(※2) しきい値を超えた場合にアラート通知を行うのみとなります。
(※3) 障害状態検知時に関連プロセスの再起動を実行する項目です。再起動を実施できるのは起動スクリプトが存在し、"service サービス名 restart" の実行が可能なものです。
(※4) 管理ツールPleskをご利用の場合、POPサーバーにdovecotを利用しないため監視できません。

WindosOS ポーリング
周期[sec]
障害判定基準
警告 障害
死活監視 pingによる疎通確認 (※1) 120   5秒以上応答なし(2回リトライ)
リソース監視 CPU CPU使用率(interrupt) 300 >= 70% >= 80%
CPU使用率(privileged) 300 >= 70% >= 80%
CPU使用率(processor) 300 >= 70% >= 80%
CPU使用率(user) 300 >= 70% >= 80%
メモリ メモリ使用率 300 >= 90% >= 95%
ディスク 各ドライブの使用率(全パーティション) 300 >= 70% >= 80%
プロセス監視
(※3)
サービス存在監視 イベントログサービス存在監視
Event Log
300   停止状態
RPCサービス存在監視
Remote Procedure Call (RPC)
300   停止状態
時刻同期サービス存在監視
Windows Time
300   停止状態
IIS ベースサービス存在監視
IIS Admin Service
300   停止状態
IIS Webサーバ関連サービス存在監視
World Wide Web Publishing Service
300   停止状態
HTTPSサービス存在監視
HTTP SSL
300   停止状態
IIS FTPサービス存在監視
FTP Publishing Service
300   停止状態
MS SQL Serverサービス存在監視
MSSQLSERVER
300   停止状態
SQLSERVERAGENTサービス存在監視
SQLSERVERAGENT
300   停止状態
サービス応答監視 http応答 (IIS) 300   5秒以上応答なし

(※1)この監視項目を設定するには、インターネットからのpingに応答するサーバである必要があります。
(※2) しきい値を超えた場合にアラート通知を行うのみとなります。
(※3) 障害状態検知時に関連サービスの再起動を実行する項目です。Windowsのサービスマネージャから起動・停止できるものに限ります。

お見積もり

マネージドサービスに関するお見積もりは下記ボタンよりご連絡ください。
弊社担当者よりあらためてご連絡を差し上げます。

お見積もり

ご利用までの流れ

  1. お客さま お見積もりお見積もりボタン先のフォーム
    にて、監視復旧オプションを
    選択してお申し込みください。
  2. サービス提供開始 詳細ヒアリング・実作業などエージェントダウンロードURLと、ヒアリング項目をお送りします。
  3. GMOクラウド 弊社営業担当からご連絡
  4. お客さま お問い合わせ 2〜3営業日程度

    ※お客さまのご要望により異なる場合があります。
  5. GMOクラウド 弊社営業担当からご連絡20日締めの請求分を翌月末までにお支払。

※ 解約方法は、 お問合せ窓口 よりお問合せください。担当者よりご案内させていただきます。
※ 契約当月のご解約につきましては、1ヵ月分の利用料が発生いたします。あらかじめご了承ください。
※ 監視用エージェントのインストール情報とヒアリング項目をお送りした時点をご契約開始日とします。

ご解約について

監視・復旧サービスのご解約については、お手続きが必要です。
希望日の1週間前までにへ解約希望日をご連絡ください。
契約当月のご解約につきましては、1ヵ月分の利用料が発生いたします。あらかじめご了承ください。

株式会社アールワークス

監視・復旧サービスは、株式会社アールワークスのサービスを利用しています。

いますぐクラウドを体験してみる

14日間無料お試し

お申し込みの流れ