多忙なサーバー担当者の悩みを解決するサーバー管理の支援サービス

サーバー移転・監視・セキュリティ…何から始めていいかわからない!

サーバー管理の疑問・お悩みのお問い合わせ

サーバー担当者が抱える移転問題や監視・セキュリティ・サーバー選びの疑問について
GMOクラウドがお答えします。また見積もりもこちらより承ります。

☞ まずは無料でご相談

  1. お悩み1

    サーバー移転を
    上司から依頼された

    自社のサーバーからホスティング会社のサーバーに移転する事に。しかしメールの設定や動作確認など移転後の作業が自分一人でできるか不安。

    サーバー移転について

  2. お悩み2

    夜間休日も監視
    ゆっくり休めない

    障害が起きても対応できないのに、夜間・休日も常に監視業務。他に変われる人がいないので一人で業務を担当し休む間もない。

    サーバー監視復旧について

  3. お悩み3

    セキュリティ対策
    何をすべきかわからない

    海外からアタックの形跡があるがどうして良いか分からないので、見て見ぬふりをしてる。いつか大事になるのではと内心焦る。

    セキュリティ対策について

  4. お悩み4

    Web改修の時間が
    取れない

    サイトやシステムをリニューアルしたいが時間が取れない

    Web構築について

  5. お悩み5

    アクセス急増
    帯域に余裕がない

    キャンペーンで一時的なアクセスの急増。サーバーの負荷が高まり訪問者からのクレームが殺到

    アクセス負荷対策について

  6. お悩み6

    攻撃者の盗難から
    機密データを守りたい

    クラウド環境にサーバーを置いたものの外部からのアクセスに対してセキュリティが心配

    VPNについて

GMOクラウドで解決

GMO クラウドならサーバー管理の業務をすべて代行できます。

料金についてお問い合わせしたい方はこちら

悩み・疑問をお聞かせください

サーバー担当者が抱える移転問題や監視・セキュリティ・サーバー選びの疑問について
GMOクラウドがお答えします。また見積もりもこちらより承ります。

☞ まずは無料でご相談

サーバーの初期構築や起動するサービスの設定やインストール等を代行いたします。
サーバーの初期構築はお任せしたい場合や各種サービスの設定等に取る時間がない場合等にご利用いただけます。

サーバーのデータ移行作業を代行いたします。データ移行は容量によって時間がかかるため完了するまでに待機したり何らかのエラーが発生する場合には対応をする必要がありお手間がかかります。
この面倒なデータ移行作業を代行することでお客さまのメインの業務に専念することができます。

サーバーの各種監視を行います。

死活監視・・・Pingによりサーバーまでのネットワークの到達性を確認します。
リソース監視・・・CPUやメモリ、ディスク等のリソースの使用状況を監視します。
プロセス監視・・・ウェブやメール等の監視対象となるプロセス(サービス)の存在、応答を監視します。

プロセス監視で存在確認、応答が得られない場合、自動でサービス再起動を実施します。

サイバー攻撃はWebアプリやOS、ミドルウェアに潜む脆弱性を突いてサーバーへ侵入します。
攻撃者によって脆弱性を突かれてしまうと、サイト改ざん、個人情報流出など、組織や企業にとって大きなダメージを負ってしまいます。
Webサーバーに潜む脆弱性の有無を確認し、必要な対策を講じることが大切です。

WebサーバーやWebアプリの脆弱性を狙ったウイルスやスパイウェアなど、いわゆるマルウェア被害を防ぐためにはアンチウイルスソフトが利用いただけます

WAFはウェブアプリケーションファイアーウォールの略で、ファイアーウォールやIDS/IPSでは防ぐことができないWebアプリケーションの脆弱性を突いた攻撃を素早く防御し、Webサイトの改ざんや不正操作、機密情報の漏えいを防止します。

サイト制作をお願いしたいがどこの業者にお願いしたらいいかわからないといった場合等、ウェブサイトの新規作成やリニューアル、サービス開発等を行います。

GMOクラウドの専用サーバーでは、標準の100Mbps共有回線に加え、50Mbps優先回線~1Gbps共有回線まで、豊富にとりそろえております。
優先とは、道路にたとえると有料道路です。信号や渋滞が無い上に、太い車線で安定・快適に走行できます。
50Mbps優先回線と100Mbps優先回線では100Mbps優先回線がより快適で、
100Mbps優先回線と1Gbps共有回線では1Gbps共有回線がより安定・快適にデータ転送をご利用いただけます。

プライベートクラウドまたはハウジングサービスでは回線キャリアフリーとなっており、お客さま任意の外部回線の引き込みが自由に行えます。
大容量データのやりとりが必要な場合には帯域保証回線や専用線、セキュアな通信をするために閉域網のVPN接続等、利用用途に応じたご利用が可能です。

CDNとは、Content Delivery Network(コンテンツ・デリバリ・ネットワーク)の略で、インターネット上のキャッシュサーバーを通して、コンテンツにアクセスしようとするユーザーに最も近いサーバーから効率的にコンテンツを配信する仕組みのことです。
CDNを利用することによりウェブサイトの表示速度の向上や、サーバーやネットワークの負荷軽減をすることができます。

クライアントVPNではクライアントPCにVPNソフトウェアを導入することでサーバーとクライアント間をVPN接続することができます。
自宅や外出先、支店などインターネット環境があれば、どこからでもセキュアに通信することが可能です。

拠点間VPNでは、お客さまの会社等の拠点とサーバー環境をVPNで接続することができます。
ファイルサーバーや業務用のサーバーをGMOクラウドのサービスで構築し複数拠点からセキュアに通信することが可能です。

すべての人にインターネット
関連サービス